5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ネギま!ネタバレスレ94時限目

803 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2006/04/24(月) 16:25:54 ID:AxOt+p6C

その翌日。
可南子は乃梨子の傍に行くと、乃梨子に尋ねた。

「小説を書いたこと…?ちょっと知らないわ。」
「で、でも…。」
可南子は一枚の紙切れを手渡した。
乃梨子が一瞬睨んだかのように見えた。そして、乃梨子は可南子の手を引くと、そのままどこかへと連れて行く。行き先は…。

そこは、古い温室に近い木の裏。
乃梨子は繋いだ手を放すと、低い声で言った。

「読んだんだね。あれを。」

可南子は静かに首を縦に振った。
その直後に、乃梨子の唇が可南子の唇を塞いだ。乃梨子の舌が口内を、激しく凌辱していく。
可南子は、無理矢理に乃梨子を引き離した。

「やめてください!」
「本当にやめてほしいの?」

乃梨子の手が可南子のスカートの中に入っていく。

「んっ!やめっ、やめて!」
「ふふっ。強気だね。」

乃梨子の手は次第に、足の付け根に近づく。
しかし、もう少しの所で可南子の手に阻まれた。

「の、乃梨子さん…。止めないと…怒りますよ。」
「可南子さん。これを見ても、強気でいられるかな?」

乃梨子は可南子の視線を温室へと向けさせた。そこには…。


「う…うそ?祐巳さま…。」

そこには志摩子に抱かれた祐巳の姿があった。
可南子には目の前の光景が理解できたが、とても信じられなかった。


501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)