5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

サンタクロース伝説

1 :Mr.名無しさん:2006/12/24(日) 02:11:53
今や街はクリスマス一色。人々は楽しく浮かれています。今やクリスマスはなくてはならない楽しいイベントです。
しかしある国の、とある少数部族ではこう言われています。

「サンタクロースは選民思想の神。
審判の日に降臨し絶対量の絶望を以って独り身を打ち砕く。」

これは現在でも、彼らに伝わる言い伝えです。。。

2 :Mr.名無しさん:2006/12/24(日) 02:12:35
神々が人間の前から姿を消し、実在のものから人々の心の中のものになりかけた頃の昔のことです。人間界に再び一柱の神が姿を現しました。
神の名はサンタクロース。
人々は神が現れたと喜びました。

しかしそれも束の間、サンタクロースは選民思想を持った恐ろしい神だったのです。
サンタはその力を使って世界を作っている決まりごと、例えば海に満ち引きがあったり嘘をつく人間が嫌われたりするといったもの、それの一部を変えてしまいました。
変えられたものとは、"運命の平等"。
独り身の人間が明るいうちに外を出歩くと、恥ずかしい思いをしたりといった不吉な運命がその人を襲うというものでした。
もちろん人々は戸惑い、サンタに抗議しましたが、サンタは言いました。

3 :Mr.名無しさん:2006/12/24(日) 02:13:50
「独り身の人間など劣等民だ。山や森も、家も、パンとブドウ酒も、全て優秀な人間だけで分ければいい。」

やがてサンタに祝福された人々によって世界は変わっていきました。独り身を封印するための光の装飾が夜も街を明るく照らし、どこにいってもサンタを讃える歌が流れています。祝福された人々までサンタの選民思想に染まってしまったのです。
夜になっても明るく賑やかな世界で祝福された人々は毎日夜遅くまで楽しく遊びました。

4 :Mr.名無しさん:2006/12/24(日) 02:15:25
そうなると面白くないのが独り身の人間達。
しかし彼らはサンタのせいで外に出られないので、仕方なく家に引きこもってまがまがしい呪詛の言葉を唱え続けました。

そしてある日、とうとう神々に独り身達の願いが届いたのです。神々はサンタの人間界での横暴を咎め、結界に閉じ込めてしまいました。
もちろんサンタの力も世界から消えてしまい、サンタに祝福された人々にとっては面白くなかったのですが、神には逆らえないので渋々従いましたとさ。

しかし結界も、サンタが人間界に降臨した12月24日だけはサンタの力を抑えきることができずに、世界にサンタの力が漏れ出してしまいます。
これが現代に伝わっているクリスマスです。

5 : :2006/12/24(日) 20:07:31



3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)