5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

化学の質問スレpart1

1 :大学への名無しさん:2006/12/24(日) 01:43:18 ID:ea5UDazW0
化学で分からなかった問題を質問するスレです。

関連スレ
<化学の勉強の仕方 原子番号38(Sr)>
http://etc4.2ch.net/test/read.cgi/kouri/1164802478/l50

2 :大学への名無しさん:2006/12/24(日) 01:45:40 ID:g7TkQV/F0


3 :大学への名無しさん:2006/12/24(日) 01:54:31 ID:AYt+VcbVO
このスレを待ってた

4 :大学への名無しさん:2006/12/24(日) 02:04:28 ID:BfNRJiV2O
>>1さん乙です。
化学板に行ったら門前払いされまくってたから
次からここ利用させてもらいます

5 :大学への名無しさん:2006/12/24(日) 11:24:30 ID:cTrOqGljO
メタノール0.08mol 窒素0.02mol
77℃ 1atmの時全て気体で77℃に保ったまま4atmに変えたら、メタノールの一部が凝縮した。
メタノールの77℃の時の蒸気圧は1.6atmである。

4atmの時の気体の体積を求めよ。


4atmの時ってメタノールは気体として残ってるんですか?

6 :大学への名無しさん:2006/12/24(日) 12:02:38 ID:/U+sxBAJ0
元素分析のとき

C : H : O = ― : ― : ―
12 1.0 18

の計算はどのようにすればよいのでしょうか?
今までは48倍して分母を消し、おおよその比率を求めていたのですが
この方法ではうまく比率がみつからないときがあったので質問させてもらいました

7 :ずれたのでもう一度:2006/12/24(日) 12:05:01 ID:/U+sxBAJ0
元素分析のとき

C : H : O = ― : ― : ―
       12  1.0   18

の計算はどのようにすればよいのでしょうか?
今までは48倍して分母を消し、おおよその比率を求めていたのですが
この方法ではうまく比率がみつからないときがあったので質問させてもらいました



8 :大学への名無しさん:2006/12/24(日) 12:14:22 ID:cTrOqGljO
>>5なんだけど
俺はいつも

全部割り算してでてきた小数のうちで1番小さいものでまた割るかな。

文章めちゃめちゃすいません

9 :大学への名無しさん:2006/12/24(日) 12:24:37 ID:tc6MsYaXO
>>5凝縮したって言ってるじゃん。気体と液体が共存してる。もう1回蒸気圧やり直したほうが良いよ

>>7モル比だからな?全部モルにして1番小さかった数値で他の数値を割っていく。必ず出る。倍して合わせるとたしかにたまに合わないよね

10 :大学への名無しさん:2006/12/24(日) 12:26:17 ID:ResrptOJ0
>>5
気液平衡ってやつです。
気体の問題で気体がなくなるっていうのはありえないと思った方がいいです

11 :大学への名無しさん:2006/12/24(日) 12:32:58 ID:ResrptOJ0
>>7
実験である以上は多少の誤差はやむを得ません。
組成は整数比を求めるので概算で構いません

12 :大学への名無しさん:2006/12/24(日) 12:33:50 ID:/U+sxBAJ0
>>8 >>9 >>11
大変よくわかりました
ありがとうございます

13 :大学への名無しさん:2006/12/24(日) 12:48:04 ID:3Vk6Xq3XO
なーにコソコソさげてんじゃあ

14 :大学への名無しさん:2006/12/24(日) 12:48:59 ID:cTrOqGljO
>>9>>10俺も気体はあると思ったんだが
答えは窒素の気体の状態方程式で体積を出してる
なんでだろ

15 :大学への名無しさん:2006/12/24(日) 12:53:39 ID:ResrptOJ0
>>14
凝縮しているのでメタノールの未知量はVとnの二つです。
一方窒素はV一つです。
状態方程式は一つの気体につき1個しかたてられないので当然でしょう。
ところで、あれで条件全部ですか?

16 :大学への名無しさん:2006/12/24(日) 13:01:28 ID:ResrptOJ0
問題ちょっと勘違いしてました。
>>15の後半は無視して下さい。

17 :大学への名無しさん:2006/12/24(日) 13:08:05 ID:tc6MsYaXO
>>14あのな?メタノールは飽和してるからその時の飽和蒸気圧を使うから計算する必要なし。
窒素の圧力はまだ分かってないからそれを計算。求めるのは全圧だからメタノールの飽和蒸気圧と計算で出した窒素の分圧を足して出すわけ。

18 :大学への名無しさん:2006/12/24(日) 13:08:50 ID:ResrptOJ0
>>14
質問の意図も勘違いしてましたね。
多分状態方程式の使い方がわかってないです。
状態方程式は個々の気体に対しても全体に対しても成り立ちます。
個々の気体について使う時は分圧と全体積、または全圧とその気体が占める体積で使います。
メタノールの気体が存在していようがいまいが関係ないです。

19 :大学への名無しさん:2006/12/24(日) 13:15:13 ID:cTrOqGljO
なるほど…
ありがとう!

20 :大学への名無しさん:2006/12/24(日) 13:55:14 ID:3Vk6Xq3XO
なーにコソコソさげてんじゃあ

21 :大学への名無しさん:2006/12/24(日) 13:58:32 ID:P1h2aC2OO
てゆうかホワイトクリスマス

22 :質問ですm(_ _)m:2006/12/24(日) 15:00:41 ID:61DxlZcfO
電離するやつって「イオン結合してるやつ、つまり金属元素と非金属元素が結合してできたやつ」って参考書に書いてあるんですが、HClとかH2SO4とか酢酸はどういうことなんでしょうか?
イオン結合での例外なのでしょうか?


23 :大学への名無しさん:2006/12/24(日) 15:08:44 ID:tc6MsYaXO
>>22例外っていうか酸とか塩基は共有結合だけどイオン結合として考えても良いよ。酢酸はほとんど電離しないけどね

24 :大学への名無しさん:2006/12/24(日) 15:09:08 ID:ea5UDazW0
>>22
そういうのいちいち考えるとこんがらがるから考えない方がいいよ

25 :大学への名無しさん:2006/12/24(日) 15:11:59 ID:61DxlZcfO
>>23、24
ありがとうございますm(_ _)m

しかしなぜ非金属同士の共有結合のやつが電離できるのかがすごい知りたいですm(_ _)m

26 :大学への名無しさん:2006/12/24(日) 15:12:48 ID:GtLHRnfMO
>>22
その参考書嘘じゃね?
電離の定義から勉強しなおそうぜ。電解質はイオン結晶だけじゃないだろ…

27 :大学への名無しさん:2006/12/24(日) 15:12:52 ID:DhaMnFzaO
》22
具体的に覚えた方が早いよ。いちいち考えとると時間かかる。化学は暗記命!

28 :大学への名無しさん:2006/12/24(日) 15:15:58 ID:tc6MsYaXO
化学は暗記なんて言ってるようじゃだめじゃね?

29 :大学への名無しさん:2006/12/24(日) 15:20:37 ID:GtLHRnfMO
>>28
パゲ同

酸の電離は、水素イオンが酸分子との結合より、水分子との水素結合にひっぱられて起こるんじゃないか

30 :大学への名無しさん:2006/12/24(日) 15:20:57 ID:61DxlZcfO
大宮理の理論化学が面白いほどわかる本に書いてありました。
電離するものを電解質というとも書いてあったのでようするにイオン結合のものしか電離しないということじゃないんですか?http://f.pic.to/7rd5p

31 :大学への名無しさん:2006/12/24(日) 15:23:30 ID:GtLHRnfMO
すぐ下に但し書きがある件

32 :大学への名無しさん:2006/12/24(日) 15:25:56 ID:61DxlZcfO
>>31
わかっています。 ただし書きは例外もあるとしか書いてありません。
電離するやつの数からして例外だらけですよ

33 :大学への名無しさん:2006/12/24(日) 15:38:08 ID:61DxlZcfO
解決しましたm(_ _)m
ありがとうございました。

34 :大学への名無しさん:2006/12/24(日) 22:50:11 ID:ea5UDazW0
age

35 :大学への名無しさん:2006/12/25(月) 10:58:19 ID:MNVqd8rY0
age

36 :大学への名無しさん:2006/12/25(月) 23:14:17 ID:yeNhFDk40
有機化合物の構造決定で、たとえばC:H:O=0,2:0,53:0,067
と出てから、それを≒3:8:1と割りだす作業ができません・・
何を基準にしたらいいんでしょうか?

37 :大学への名無しさん:2006/12/25(月) 23:47:23 ID:QXe3FR0IO
>>36
1番小さい数値で他の数値を割っていく

38 :大学への名無しさん:2006/12/26(火) 07:57:18 ID:4ZYg58GP0
保守

39 :目良信者:2006/12/26(火) 09:05:20 ID:4CvkBbJkO
鉛畜電池で放電すると電極の質量が増加すると書いてあるんですが、なぜでしょうか?ただ塩が付着するだけで電極そのものの質量が増加するわけではないのでは?誰か教えてください!

40 :大学への名無しさん:2006/12/26(火) 10:17:33 ID:eoebhXATO
エスオーフォーのぶん増加すんじゃねえの??ちっとばかし

41 :大学への名無しさん:2006/12/26(火) 10:46:45 ID:uTAG+ZZxO
>ただ塩が付着するだけで
電極に付着してるんだから、電極の質量が増加したって解釈。塩と分けて考える必要は無い。

誰か化学の勉強の仕方スレの次スレ立ててくれ。

42 :大学への名無しさん:2006/12/26(火) 10:58:44 ID:39sU85VFO
陰極 Pb+SO4(2-) → PbSO4+2e-

↑SO4の分だけ質量増加


陽極 PbO2+4H(+)+SO4(2-)+2e(-) → PbSO4+2H2O

↑SO4の分だけ質量増加

両極で分子量96だけ増加してるだろ?

43 :大学への名無しさん:2006/12/26(火) 11:36:05 ID:4ZYg58GP0
>>41
任せろ

44 :大学への名無しさん:2006/12/26(火) 11:47:25 ID:4ZYg58GP0
>>41
すまん、建てようとしたらエラーになった。誰かタノム

45 :大学への名無しさん:2006/12/26(火) 20:48:36 ID:ES1SrSDSO
抽出ってなんですか?

※教科書ないです&おもしろいほど〜にも載ってないです

46 :大学への名無しさん:2006/12/26(火) 22:01:00 ID:KKXWKy0k0
β崩壊の例で、化学の新研究
C → N +e-
中性子が陽子と電子になって電子がβ線として飛んで行くのに、
残ったNが+に帯電していない理由ってなんですかorz
電荷的にイコールになってないのが理解できない。
教科書見ても残った原子は帯電してないし他の参考書でもそうなってるし。。

47 :大学への名無しさん:2006/12/26(火) 22:23:14 ID:INZi1rL7O
>>45油が入ってる液体とエーテルを分液ろうとに入れて混ぜて液体から油を抽出するんだよ。牛乳とエーテルを混ぜると乳脂肪を抜いた牛乳ができる

48 :大学への名無しさん:2006/12/26(火) 22:39:35 ID:7+4yz6Yq0
>>46
CからNになったから

49 :大学への名無しさん:2006/12/26(火) 23:33:06 ID:KKXWKy0k0
例えばですね、○中性子 ●陽子 −電子 として
C14:○○○○○○○○●●●●●●−−−−−−
     8個     +6個    -6個
β崩壊すると,○→●,−だから
N14:○○○○○○○●●●●●●●−−−−−−−
     7個     +7個    -7個
となるわけです。それで−の1個がβ線として飛んで行くと考えると、
N13:○○○○○○○●●●●●●●−−−−−−
     7個     +7個    -6個
で、Nが+に帯電していることになる気がするんですが、どんな本読んでも
帯電しているものはない。何を考え違いしてるかわからず悶々してますorz

50 :大学への名無しさん:2006/12/26(火) 23:38:16 ID:hC2zveis0
質問書いてたら自己解決しますた

51 :大学への名無しさん:2006/12/27(水) 00:03:42 ID:IozgcZbf0
>>50
そういうもんだ。
実際にシャーペンなり鉛筆持って、ノートに書きながらやるといいよ。

52 :大学への名無しさん:2006/12/27(水) 01:35:16 ID:qcOw4Tg30
保守

53 :大学への名無しさん:2006/12/27(水) 01:43:57 ID:X+bu6RqpO
質問なんですが、電気分解の『電解精錬(銅を作るヤツ)』はセンターの範囲に入るんですか?
宅浪なのでお願いします。

54 :大学への名無しさん:2006/12/27(水) 01:53:38 ID:qcOw4Tg30
>>53
覚えて損和梨

55 :大学への名無しさん:2006/12/27(水) 01:58:30 ID:NGO3RsYS0
電気分解が化学Tの範囲だから出てもおかしくない。

56 :大学への名無しさん:2006/12/27(水) 02:14:05 ID:X+bu6RqpO
>>54>>55ありがとうございます。
やってみます!

57 :大学への名無しさん:2006/12/27(水) 02:17:56 ID:IFxa464YO
電解精錬で銀は溶け出すかとか沈澱するかとか頻出だよね

58 :大学への名無しさん:2006/12/27(水) 13:30:30 ID:qcOw4Tg30
保守

59 :大学への名無しさん:2006/12/27(水) 18:32:48 ID:stocht0NO
電気分解の計算はIの理論化学の計算の中で最も簡単な希ガス。

60 :大学への名無しさん:2006/12/27(水) 18:47:20 ID:IozgcZbf0
個人的には化学反応の量的関係が一番簡単かなぁ。

61 :大学への名無しさん:2006/12/27(水) 19:04:43 ID:YZFEqf3nO
なんで陽極Cuだと水溶液が酸化されないで銅が溶けるんだ…

62 :大学への名無しさん:2006/12/27(水) 19:15:19 ID:lgGPCsBmO
>>61
え?まじ?

63 :大学への名無しさん:2006/12/27(水) 20:01:49 ID:qcOw4Tg30
>>61
あまり深く考えない方がいいよ。
理論挫折する奴は大抵本質を無理に理解しようとする人間だから

64 :大学への名無しさん:2006/12/27(水) 20:54:38 ID:c8grBCeyO
高二の化学不得手者です
ブテンとブチンの混合気体に水素を付加させたら混合気体1体積に対して、水素1.4体積付加した。混合気体中の体積比を求めよ。ってあるんだけどよくわかんないんです神様

65 :大学への名無しさん:2006/12/27(水) 21:08:55 ID:lgGPCsBmO
順に3:7だな
化学は数学と違って過程より答が大事だ
どうやって出したかは気にするな

66 :大学への名無しさん:2006/12/27(水) 21:09:30 ID:NGO3RsYS0
ブテンx体積,ブチンy体積
x+y=1
x+2y=1.4
x=0.6,y=0.4
ブテン:ブチン=3:2

67 :大学への名無しさん:2006/12/27(水) 21:15:30 ID:lgGPCsBmO
あっーブタンと見間違えた
死ぬわ

68 :大学への名無しさん:2006/12/27(水) 21:36:35 ID:c8grBCeyO
ありがとうございます。なんかこーゆー混合体積がなんたらって問題わかんないですm(__)m問題慣れしてないからですかね?算数できないからかな(´;ω;`)

69 :大学への名無しさん:2006/12/27(水) 21:44:52 ID:4mph73HfO
>>68慣れです

70 :大学への名無しさん:2006/12/28(木) 02:06:00 ID:DccauW6h0
保守

71 :大学への名無しさん:2006/12/28(木) 16:52:37 ID:DccauW6h0
Σベストの問題集から標準問大成功に繋げれる?

72 :大学への名無しさん:2006/12/28(木) 16:54:55 ID:0hfwpIKsO
>>71うん

73 :大学への名無しさん:2006/12/29(金) 13:32:14 ID:1vc6hTIiO
スレ違いかもしれませんがセンター化学の駿台の実践問題集って難易度はどの程度ですか?

74 :大学への名無しさん:2006/12/29(金) 14:15:36 ID:+7ewFW6XO
亜鉛と水酸化ナトリウムの反応で水が還元されるのはなんで?

75 :大学への名無しさん:2006/12/29(金) 16:25:38 ID:wo0jSmyU0
あげとけ

76 :大学への名無しさん:2006/12/29(金) 17:41:45 ID:R9cecWZF0
>>74
まずは化学反応式が書けるか?
話はそれからだ。

77 :大学への名無しさん:2006/12/29(金) 18:04:29 ID:nmsQZgM5O
センター化学が難化する確率何パーぐらい??

78 :大学への名無しさん:2006/12/29(金) 18:08:01 ID:rzaebbJmO
>>77
80%

79 :大学への名無しさん:2006/12/29(金) 18:11:21 ID:3RU4dMSSO
>>76
Zn+2NaOH+2H2O
→Na2[Zn(OH)4]+H2

80 :大学への名無しさん:2006/12/29(金) 18:23:23 ID:+7ewFW6XO
Zn+4OH`=>[Zn(OH)4]2`+2e`
と、

2H2O+2e`=>H2+2OH`

81 :大学への名無しさん:2006/12/29(金) 19:04:36 ID:nmsQZgM5O
物理は難化するんか?

82 :大学への名無しさん:2006/12/29(金) 19:14:41 ID:R9cecWZF0
>>74
ヒント:イオン化傾向

83 :大学への名無しさん:2006/12/29(金) 19:16:51 ID:0bV6HjE6O
錯イオンか

84 :大学への名無しさん:2006/12/29(金) 19:27:02 ID:wo0jSmyU0
テトラ費泥基礎ある民酸ナトリウム

85 :大学への名無しさん:2006/12/29(金) 19:44:41 ID:3RU4dMSSO
>>82
実はわかんないんだろ?w

86 :大学への名無しさん:2006/12/29(金) 19:50:13 ID:R9cecWZF0
うん、ごめんwwwわかんないwww

87 :大学への名無しさん:2006/12/29(金) 19:59:34 ID:+7ewFW6XO
亜鉛と水だけの反応ならそれで解釈できるけどさ。
今日問題解いてて、塩基とも反応して
水素を出す
~~~~~
って書いてあったから、亜鉛と水酸化ナトリウムだけだと、水素なんかでそうじゃねーなっておもったら、間違いでした

88 :大学への名無しさん:2006/12/29(金) 20:08:59 ID:3RU4dMSSO
硫化水素と銀が反応して硫化銀ができる場合と
原理的にはよく似てるかも。

89 :大学への名無しさん:2006/12/29(金) 20:11:08 ID:R9cecWZF0
>>80が書けるならもうわかると思うのだけど・・・。
e-を水が受け取る以外に考えられなくない?
Na+が受け取る or Zn2+がまた受け取る or 水が受け取る
水って言っても電離してるのでH+が受け取ります。

90 :大学への名無しさん:2006/12/29(金) 22:23:17 ID:+7ewFW6XO
そうですね、その中のイオンか傾向をみると、水素イオンが受けますね

91 :大学への名無しさん:2006/12/30(土) 11:29:04 ID:gI81wVR80
保守

92 :大学への名無しさん:2006/12/30(土) 11:40:10 ID:wXMg98i+O
臭化水素酸水溶液と臭素水の違いを教えてください

93 :大学への名無しさん:2006/12/30(土) 11:44:54 ID:YF4lyQUG0
http://up2.viploader.net/pic/src/viploader384098.jpg

この問題の解き方が分からないのですが分かる方がいれば教えて下さい。
答えはBとDらしいのですが。

94 :大学への名無しさん:2006/12/30(土) 14:51:37 ID:gI81wVR80
>>93
aがDになったんだけど・・・

95 :大学への名無しさん:2006/12/30(土) 14:59:07 ID:gI81wVR80
>>93
おっと、やっとaがBになった。


96 :大学への名無しさん:2006/12/30(土) 15:03:38 ID:9DOgxCsWO
新演習と重問はどっちがいいの?

97 :大学への名無しさん:2006/12/30(土) 17:28:13 ID:tkqQLGVY0
ジョイのCMで皿にパッと広がっているのはアルキルベンゼンスルホン酸等の単分子膜だと解釈して良いですか?

98 :大学への名無しさん:2006/12/30(土) 17:42:26 ID:84OJIoLbO
今テレビに大宮が出てるんだけど
しかも化学じゃなくて、人生観語ってる

99 :大学への名無しさん:2006/12/30(土) 17:44:31 ID:84OJIoLbO
しかも大宮ヤリチンwwwww

100 :大学への名無しさん:2006/12/30(土) 18:01:25 ID:YF4lyQUG0
>>95
解法教えてくれませんか?

101 :大学への名無しさん:2006/12/30(土) 18:11:21 ID:bF57SJ1CO
>>97買ってみれば分かるんじゃないかな。
いや別にセールスではなく

102 :大学への名無しさん:2006/12/30(土) 20:46:00 ID:tkqQLGVY0
>>101
成分表示は確認したんですけど、あの現象が単分子膜によるものなのか否かが気になったのですよ

103 :送球人:2006/12/30(土) 20:49:24 ID:B6A0oQLBO
シリカゲルって酸性乾燥剤ですか?中性乾燥剤ですか?

104 :大学への名無しさん:2006/12/30(土) 20:54:57 ID:bF57SJ1CO
>>103中性

105 :大学への名無しさん:2006/12/30(土) 22:20:44 ID:M9KpbyEs0
>>93
まず混合したあとのpHが2だから溶液は酸性
ということは塩酸のほうが過剰になっていたということだから
塩酸をx(mol/l)とすると

x×500/1000-0.010×500/1000
(元の濃度)-(NaOHとの中和で減る分)
が[H+]=10^-2になればいいから
10^-2=x×500/1000-0.010×500/1000
これを解いてx=0.030

bは中和した分は0.010(mol/l)だからこれを(mol)に直して
0.010×500/1000(mol)×56=0.28kJ

わかりにくかったらスマン

106 :大学への名無しさん:2006/12/30(土) 23:42:01 ID:eWh4he3eO
電気分解の時に陽極から酸素、
(または陰極から水素)が発生する条件、というか場合分けは分かるんですが
水素(または酸素)が水と水酸化物イオンのどちらから
できるのかがよく分類できてません
どなたか教えて下さい

107 :大学への名無しさん:2006/12/31(日) 00:14:49 ID:mEI8Yoa30
>>106
ヒント:水溶液の性質(酸性・中性・塩基性)によります。

教科書に載ってると思う。

108 :93:2006/12/31(日) 00:37:08 ID:NAf/p5U50
>>105
大変分かりやすかったです。ありがとうございました。


109 :大学への名無しさん:2006/12/31(日) 06:06:11 ID:rYF/RQB+0
イオン化傾向と第一イオン化エネルギーの違いを教えてください

110 :大学への名無しさん:2006/12/31(日) 06:34:40 ID:THACxVk3O
>>106
反応式の左辺には既にあるものを書かなくてはいけない
水溶液のpHによって水中にH+やOH-があるのかどうか(もちろんなくなりはしないが、反応するのに十分な量があるかどうか)が変わってくる
酸性ならH+から水素をつくることも可能だが、塩基性ではH+がないからH2Oからつくるしかない
…という風に考えれ

111 :大学への名無しさん:2006/12/31(日) 11:54:58 ID:dasi34QF0
あげ

112 :大学への名無しさん:2006/12/31(日) 17:34:35 ID:SQsJ0H7HO
>>109
イオン化傾向…金属のイオンになりやすい順番みたいな

イオン化エネルギー…ある原子から電子を取ってイオンにする時に生じるエネルギー

113 :大学への名無しさん:2006/12/31(日) 17:47:22 ID:E3qfu9/9O
PHって現行センターの範囲?

114 :大学への名無しさん:2006/12/31(日) 18:10:04 ID:rYF/RQB+0
>>112
イオン化傾向って、イオン化エネルギーという側面で見るとごちゃごちゃになってますよね
これはどう説明すればいいのですか?

115 :大学への名無しさん:2006/12/31(日) 18:22:56 ID:0L/vH4BWO
>>114
日本語で頼む。
イオン化傾向とイオン化エネルギーの順番が違うって意味か?

116 :大学への名無しさん:2006/12/31(日) 18:28:08 ID:0L/vH4BWO
連レス申し訳ない。
上の解釈で話を進めると、
「第一」イオン化エネルギーは、「一価の」陽イオンになるのに必要なエネルギー。
例えばMgがMg2+になるのに必要なエネルギーは、
「第一イオン化エネルギー」+「第二イオン化エネルギー」となる。

117 :大学への名無しさん:2006/12/31(日) 19:09:00 ID:rYF/RQB+0
>>116
いやいや、例えばNaとCaで第一イオン化エネルギーだけ見ても
NaとCaはそれぞれ496、590KJ/molですよね。
ならばNaの方が普通はイオンになりやすいと思うじゃないですか。
けれどイオン化傾向はNa<Caですし、そういうところがいくつかあるのでどうなってるのかなと。

あとイオン化エネルギーはイオンにする際に加えるエネルギーじゃありませんでした?

118 :大学への名無しさん:2006/12/31(日) 19:26:25 ID:0L/vH4BWO
>>117
イオン化傾向の基準:「単体」の金属が「水和」イオンになるのに必要なエネルギー
イオン化エネルギー:「気体状態」の金属原子から電子を取り去るのに要するエネルギー

単体の金属が水和イオンになるには、
1.結晶を原子(気体)にする→昇華熱に相当するエネルギーが必要
2.金属原子を金属イオンにする→イオン化エネルギーが必要
3.金属イオンを水中に導く→水和熱に相当するエネルギーが必要

119 :大学への名無しさん:2006/12/31(日) 19:31:39 ID:rYF/RQB+0
>>118
なるほど、よく分かりましたありがとうございます!

120 :大学への名無しさん:2007/01/01(月) 12:10:59 ID:vcAP/aJM0
理論さっぱりわからん

121 :大学への名無しさん:2007/01/01(月) 12:24:41 ID:gzcfeV+mO
>>120つもう1年

122 :大学への名無しさん:2007/01/02(火) 00:31:44 ID:/VeiwHuf0
>>120
今は、理論の多くの分野がUに行ってしまい、
ちょうどいい参考書がないからだと思うな。
以前は理論のうち多くの分野がTにあった。
化学が不得意な奴は、だいたい有機が駄目だった。

講義系以上、新研究未満のいい参考書があれば、
それを読めば理解しやすくなる。
絶版だが、Z会の化学の講義や、河合塾のものは良かった。
古本が手に入れば読んでみるとよい。
圧力の単位換算以外はそのまま通用する。

123 :大学への名無しさん:2007/01/02(火) 12:16:36 ID:5KwapIUK0
理論が化学Tで終りだと思っていた俺は勝ち組

124 :大学への名無しさん:2007/01/02(火) 21:37:49 ID:ZmhTFsse0
ベンゼンを空気中で燃焼させたときの反応式を教えてください

125 :大学への名無しさん:2007/01/02(火) 21:46:26 ID:al+pClDI0
2C6H6 + 15O2 → 12CO2 + 6H2O

126 :大学への名無しさん:2007/01/02(火) 22:33:38 ID:ZmhTFsse0
>>125
燃やすとすすが生じると書いてあるんですがこれは炭素が生じるってことですよね?

127 :大学への名無しさん:2007/01/02(火) 23:02:29 ID:rjtZQyREO
塩化水素とアンモニアが空気中で反応して生じた白煙は物質の三態でいうと固体・液体・気体のうちのどれなんでしょう?

128 :大学への名無しさん:2007/01/02(火) 23:04:21 ID:5KwapIUK0
>>127
演歌アンモニウムのことか?
気体じゃね?

129 :127:2007/01/02(火) 23:11:07 ID:rjtZQyREO
>>128赤本に載っていた問題なんですが、解答には固体と書いてありました。
赤本はたまに間違ってることがあるので不安になって質問したんですが、やはり赤本が間違っているのでしょうか?

130 :大学への名無しさん:2007/01/02(火) 23:13:15 ID:tJrbTy1w0
>>129
wikipediaによると微結晶と書いてあるので固体みたいですね

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%A9%E5%8C%96%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%A2%E3%83%8B%E3%82%A6%E3%83%A0

131 :大学への名無しさん:2007/01/02(火) 23:13:54 ID:oTz9ouicO
白煙の白く見えるものは固体じゃないのか?

132 :大学への名無しさん:2007/01/02(火) 23:15:03 ID:rjtZQyREO
>>130ありがとうございました。

133 :大学への名無しさん:2007/01/02(火) 23:20:17 ID:al+pClDI0
煙は固体だな

お湯沸かすときに出てくる湯気は液体

134 :大学への名無しさん:2007/01/02(火) 23:31:34 ID:5KwapIUK0
>>133
98へえ
粗品はテトラアンミント銅イオン1mol

135 :大学への名無しさん:2007/01/02(火) 23:34:17 ID:/VeiwHuf0
煙はコロイドだからね。

136 :大学への名無しさん:2007/01/03(水) 01:32:53 ID:FwOOmFP9O
C6H14の異性体に

 | | | 
ーCーCーCー
| | |
ーCーCーCー
| | |

がない理由を教えて下さい。

137 :大学への名無しさん:2007/01/03(水) 01:44:06 ID:8n7Ycfj50
>>136
かぞえてみろよ
14個ねえだろ

138 :大学への名無しさん:2007/01/03(水) 06:53:01 ID:9+oLa9zM0
>>126誰かお願いします

139 :大学への名無しさん:2007/01/03(水) 17:39:46 ID:gYJhIDnM0
>>138
そうだよ、炭素だよ。

>>125の反応式はあくまで理想だからね。
現実は一部不完全燃焼を起こしてすすができる。

140 :大学への名無しさん:2007/01/03(水) 20:40:55 ID:9+oLa9zM0
>>139
不完全燃焼ってことでしたか
ありがとうございました

141 :大学への名無しさん:2007/01/04(木) 01:35:17 ID:NE4L1UcnO
てか異性体の数を数える方法ってあるんですか?

142 :大学への名無しさん:2007/01/04(木) 02:04:59 ID:4yFyYUwoO
ザイチェフ

143 :大学への名無しさん:2007/01/04(木) 02:06:08 ID:uJbf3b1a0
>>142
ちょwwwちがくね?www

144 :大学への名無しさん:2007/01/04(木) 02:12:50 ID:ElAeIqdBO
>>141考えられる構造を簡単に骨格だけ書いて、アルコールなら1級から、エーテルなら酸素原子を挟んでいくだけだし
数える方法に工夫がいる

145 :大学への名無しさん:2007/01/04(木) 02:16:46 ID:uJbf3b1a0
まぁ、化学者より数学者の方が得意かもしれないなw

146 :大学への名無しさん:2007/01/04(木) 13:51:31 ID:S5qL9RtRO
銅イオンや銀イオンを含む水溶液に希硝酸を加えても、変化しないんですか?
イオン化傾向に照らし合わせて考えると、銀までは希硝酸に反応して、一酸化窒素を生じるのではないのですか?
ちなみに問題は、駿台の実戦化学Iの三回目の、第三問の7です。

147 :大学への名無しさん:2007/01/04(木) 14:05:40 ID:RvKbRtrEO
銀は無理そうだな
まぁどっちにしろイオンじゃあ既に最高酸化数だから反応しようがない

148 :大学への名無しさん:2007/01/04(木) 14:31:33 ID:DirTohjt0
>>146
銀と硝酸じゃ二酸化窒素じゃなかったっけか?

149 :大学への名無しさん:2007/01/04(木) 14:36:14 ID:JHJXgymj0
>>146
酸化還元反応でしょ?その反応(銀・銅)は
つまり、熱を加えないと硝酸とは反応しないってこと

あと、陽イオン滴定は全てのイオンを硝酸の溶液に溶かしたところから
始まっているので、単に貴方の理解不足

150 :大学への名無しさん:2007/01/04(木) 19:26:52 ID:9EKglgYHO
元素分析の事なんですが…

比率が
C:H:O=
2.15:2.4:0.48

と、なった時、
どうやって9:10:2に持って行くのでしょうか><

コツを教えて頂けると
ありがたいです(*^_^*)

151 :大学への名無しさん:2007/01/04(木) 19:48:47 ID:ElAeIqdBO
>>150一番小さい値で他の数値を割る

152 :大学への名無しさん:2007/01/04(木) 21:42:59 ID:9EKglgYHO
>>151
ありがとうございます!

教科書等にはやり方が
載っていませんでしたので、
本当に助かりました!><

153 :大学への名無しさん:2007/01/05(金) 00:19:43 ID:XlovGQ3IO
シュウ酸二水和物(H2C2O4)・2H2Oを
2.52gほど100mlの水に溶かしたときのモル濃度を求めたいのですが、
水和水は考慮しなくてはならないですよね?
{2.52*(90/126)}/0.1って計算で良いのでしょうか?
見づらくて申し訳ありません
非常に困ってます
アドバイスお願いします

154 :ファンタジスタ:2007/01/05(金) 00:35:35 ID:98eefMq3O
90いらない。
水和水は微量だから無視して結構。

155 :大学への名無しさん:2007/01/05(金) 00:45:07 ID:XlovGQ3IO
レスありがとうございます
でも水和水の計算問題って2次とかで出ますよね?
あれとは違うんですか?

156 :ファンタジスタ:2007/01/05(金) 00:47:42 ID:98eefMq3O
溶解度の条件なんてどこにもないだろ

157 :大学への名無しさん:2007/01/05(金) 00:49:33 ID:3CH868Lz0
3%までの計算ミスは誤差として容認されるから、
100mlに対して、0.6g程度は誤差になるわな

あまりに大きいときは3%超えてる場合だから、
その場合だけ気をつけるくらいの感覚でいいよ

158 :大学への名無しさん:2007/01/05(金) 13:11:15 ID:kXL57GaHO
C6H12O6(180) 90gを水1000mlに溶解したときのモル濃度は、0.47mol/lであった。
水の密度を1.00g/cm3として、この水溶液の密度を求めよ。
この答えが1.02になるみたいなんですが、どうゆう式になるのかわかりません。
お願いします

159 :ファンタジスタ:2007/01/05(金) 15:01:53 ID:98eefMq3O
答は出たが自信がない。

溶解によって水溶液の体積がVml増加したとすると、
(90/180)*1000/(1000+V)=0.47
⇔V=63.8
∴d=(1000+90)/(1000+63.8)≒1.024

160 :大学への名無しさん:2007/01/05(金) 15:28:44 ID:kXL57GaHO
どうやってその式になるんですか?
いまいちわからなくて(´・ω・`)

161 :大学への名無しさん:2007/01/05(金) 15:48:47 ID:lBsyqCnAO
単位を良く見て。最終的にしたい単位に誘導していけ

162 :大学への名無しさん:2007/01/05(金) 16:06:42 ID:OyD4UFIU0
いきなりすみません。私は、高校生の女の子です。
今宿題をやっているのですがわからなくて、、、。
三角フラスコは、どうして濡れたままでも使用できるんですか?
あと、中和滴定の時に、無色から薄いピンク色になった時を
中和点とできるのは、なぜですか??
あと、中和点を指示薬以外で求める方法を教えてください。
長々とめんどくさくてすみません。
レポートわかんなくて困っているので、できれば詳しく教えてください。

163 : ◆MPw7Mbkr2o :2007/01/05(金) 17:17:50 ID:ECIZRQSj0
>>162
教科書をよく吟味した上での質問か?

164 :大学への名無しさん:2007/01/05(金) 17:26:59 ID:qt+BlAlJ0
>>162
コニカルビーカーじゃないのかw
まぁ、上部が狭くなってればいいのだがw(軽く振った時に溶液が出てこないようにするため)


>三角フラスコ
三角フラスコ(コニカルビーカー)はH+とOH−のmol(粒子数)が変わらなければいいので
水で薄まっても粒子数はかわらない。

三角フラスコの中にビー玉5個入れた状態でいくら水を増やしてもビー玉の数は変わらないでしょ?
このビー玉がH+とOH−と思ってクレ。


>中和点について
pH7ジャストで中和を終わらすことは確率的にまず無理なんです。
滴定の最後の1滴、この1滴が実はかなり多いw
なので、pH7をすっとばしてpH8とかになっちゃう。
なので、フェノールフタレインでは無色から薄いピンク(赤)になった時が終点。

>指示薬以外
電気伝導度で確認する方法があります。
H+とOH−は電気を導きます(イオンなので) H2Oは電気を導きにくいです。
中和点はH+とOH−が完全にH2Oになった状態。すなわち電気伝導度が一番低い。
滴定しながら電気伝導度を調べて一番低いところが終点。
弱酸と弱塩基の滴定に使われます。


>高校生の女の子です。
聞いてない。これを書くならIDと写真をうpしなければならないことを覚えろw

>>163
中和点を指示薬以外で求める方法だけは載ってないかも。まぁ、ここま書いてしまったので書き込みするわ。スマソ。

165 :大学への名無しさん:2007/01/05(金) 18:01:01 ID:wEUGQOr7O
蒸気圧の問題で、ピストン付き容器内のある物質Aがすべて気体と仮定して得られた圧力が、飽和蒸気圧より大きいとAは液体として存在しますよね?
この場合Aは液体と気体が混合した状態にはなり得るのでしょうか?それともAはすべて液体なのでしょうか?
容器にはAとともに空気が入っていて、容器の体積を求めるのに空気の分圧と物質量を使い、Aに関して全く触れていないのでいつでもすべて液体なのかと思ったのですが。

166 :送球人:2007/01/05(金) 18:03:11 ID:B5nzYLwfO
安息香酸のナトリウム塩はなんで防腐剤として使われるの?理由がわからん


167 :大学への名無しさん:2007/01/05(金) 18:31:19 ID:OyD4UFIU0
>>164
ありがとうございます。
あと・・・中和滴定で、2回目以降の滴定の際、ビュレットの液を
数滴捨ててから行うのはなんでですか??


168 :大学への名無しさん:2007/01/05(金) 18:49:28 ID:aQGU/qky0
>>165
過去に同じ質問が出ている。
>>10>>18

169 :大学への名無しさん:2007/01/05(金) 19:13:20 ID:wEUGQOr7O
>>168
ありがとうございます

170 :大学への名無しさん:2007/01/05(金) 23:47:27 ID:qt+BlAlJ0
>>166
抗菌作用があるからじゃね?
なんであるかはワカラネ。

>>167
んなのこと、しなくてもいいんじゃね。
先端に空気入ったなら別だが・・・。

171 :大学への名無しさん:2007/01/06(土) 02:16:59 ID:Oyi2jztU0
熱化学方程式でエネルギーを出すやり方で
方程式にして解くやりかたは参考書でよくわかったのですが、
エネルギー図で解くやりかた、またはそのかきかたが詳説してある
参考書はありますでしょうか。定期テストで必要です。よろしくお願いします。

172 :大学への名無しさん:2007/01/06(土) 02:37:51 ID:TWRpKdur0
スレチガイ

173 :大学への名無しさん:2007/01/06(土) 09:10:28 ID:t0qP0aFnO
>>171書き方なんてないよ。条件をそのまま書くだけだから。持ってる本見てどんな感じで書いてるかよく見てみな。
安定化は発熱反応、不安定化は吸熱反応ってことは覚える

174 :大学への名無しさん:2007/01/06(土) 21:46:12 ID:fuH65N3P0
0.080M CaCl2 50㎖と0.10M AgNO3 50㎖を混ぜたとき、Ca2⁺、Cl-、Ag⁺、NO3-の
か㏖濃度を計算せよ。
教えてください。

175 :大学への名無しさん:2007/01/06(土) 21:47:45 ID:fuH65N3P0
16.7%のNa2SO4を含む試料0.843gを水に溶かし、0.0500MBaCl2 40㎖で処理して、BaSO4を沈殿させた。
(a)その溶液の体積を100㎖にしたとき、沈殿しないで溶液中に残っているNa2SO4のミリグラム数を計算せよ。
(b)室温でその沈殿を濾過し、水100㎖で洗浄した。その時溶解平衡に達したとすれば、洗液には何rのBaSO4が溶けているか。

お願いします。

176 :よくでる系の問題ですが:2007/01/06(土) 22:47:10 ID:EeDME9kMO
炭素原子の相対質量12を仮に1としたとき、ある一定の温度、圧力における気体密度は変化しますか?

177 :大学への名無しさん:2007/01/06(土) 23:17:58 ID:/o5sFuc50
ナメクジって内蔵あるんですか?

178 :大学への名無しさん:2007/01/06(土) 23:22:16 ID:CkU0cPpA0
マニュアルの燃焼熱のところで完全燃焼物とO2には0を
化合物には燃焼熱を代入と書いてあるのですが、
あの、…完全燃焼物って何ですか?

179 :大学への名無しさん:2007/01/06(土) 23:50:21 ID:oU0ck4LBO
ある問題集の解説に、中和のとき一方が1価で他方が2価だと、中和滴定曲線は鉛直部が2箇所ある階段状になる。
と書いてあるのだが、1価と2価の中和(例えばNaOHとH2SO4)でも鉛直部は1箇所しかない問題もあるのだが、これってどういうことですか??

180 :ラフィーナ:2007/01/07(日) 00:03:17 ID:RdqGMrDjO
>>174-175
文字化けしてる
>>176
しません
>>177
知りません
>>178
もう燃焼しない物質
>>179
解説が間違ってるから

181 :大学への名無しさん:2007/01/07(日) 01:09:08 ID:LpsFsEK50
>>179
2箇所になるのは
NaOHとNa2CO3の2段階滴定くらいしか思いつかない

182 :ラフィーナ:2007/01/07(日) 01:38:35 ID:RdqGMrDjO
>>180にちょい訂正

>>178
これ以上燃焼しない燃焼物

183 :大学への名無しさん:2007/01/07(日) 02:20:10 ID:9AAen4uGO
両性金属以外の金属は塩基とは反応しないんでしょうか?

184 :大学への名無しさん:2007/01/07(日) 02:22:22 ID:peNrP5gkO
>>183つ酸性酸化物

185 :大学への名無しさん:2007/01/07(日) 02:28:16 ID:peNrP5gkO
>>184は忘れてくれ

186 :大学への名無しさん:2007/01/07(日) 04:25:03 ID:vbSqEMAT0
>>179
二価の弱酸だと二段階になるね。君の例だと強酸と強塩基だろ?
強酸て事はH+を手放したがっているからすぐにNa2SO4とかになるんよ。
H2SO4の場合は弱酸だからH+をあんまり手放したくない。
だからまず一つのHが完全にNaに置き換わってから次の中和が始まるんだよ。
雑な説明だけど分かる?
分からなかったらもう一度聞いてくれ。


187 :178:2007/01/07(日) 09:03:01 ID:5g1d541v0
>>182
ありがとう。

188 :179:2007/01/07(日) 09:41:36 ID:jmCRIrKvO
>>180
解説が間違ってるのかな。
>>181
俺も2箇所になるのはそれしかやったことない。あ、滴下するのは塩基じゃなくて酸ですよね
>>186
H2SO4の場合は弱酸だから…って?書き間違え?

189 :ラフィーナ:2007/01/07(日) 10:11:12 ID:RdqGMrDjO
>>186
別人だけど意味不明だから訊いてみようかな…

>二価の弱酸だと二段階になるね。

シュウ酸とNaOHの反応も?
(CH3COO)2+NaOH→CH3COO-CH3COONa+NaOH+H2O(塩基性)→(CH3COONa)2+2H2O(塩基性)

これで果たしてpHがジャンプするのかな…?
そもそもNaOHっていう強塩基加えてるんだから平衡考えても弱酸とかはあんまり関係がないと思う。

>H2SO4の場合は弱酸だからH+をあんまり手放したくない。

ミスなのかもしれないが何を言おうとしてるか全くわかんないね
H2SO4は強酸だし、仮にNa2CO3と間違ったとしてもこいつは塩基性。

190 :ラフィーナ:2007/01/07(日) 10:22:00 ID:RdqGMrDjO
>>183
うん
>>188
>>181が言っているのはNaOHとNa2CO3の混合溶液のこと。NaOHで滴定する訳ではない。もちろんNa2CO3だけでも酸で滴定すれば2段階になるが

191 :ラフィーナ:2007/01/07(日) 10:37:31 ID:RdqGMrDjO
>>189
ごめん。反応式が大嘘w
(COOH)2+NaOH→HOOC-COONa+H2O(塩基性)
HOOC-COONa+NaOH
→(COONa)2+H2O(塩基性)

192 :179:2007/01/07(日) 10:44:02 ID:jmCRIrKvO
>>190
あ〜そいやそんな問題もあったな。

193 :186:2007/01/07(日) 11:22:37 ID:vbSqEMAT0
ごめん。素で書き間違えた。
H2CO3が弱酸だから、って言いたかったんだ。

194 :大学への名無しさん:2007/01/07(日) 19:19:56 ID:Sh9OptFcO
センター化学ってコロイドって範囲外?

195 :大学への名無しさん:2007/01/07(日) 23:45:36 ID:LpsFsEK50
>>194
コロイドは範囲外ですよ

196 :大学への名無しさん:2007/01/08(月) 20:20:01 ID:K+dIa+nU0
文字化けすみません。
これで見えるでしょうか?
よろしくお願いします。
0.080M CaCl2 50ミリリットルと0.10M AgNO3 50ミリリットルを混ぜたとき、Ca2⁺、Cl-、Ag⁺、NO3-の
かモル濃度を計算せよ。


197 :大学への名無しさん:2007/01/08(月) 20:25:24 ID:K+dIa+nU0
16.7パーセントのNa2SO4を含む試料0.843グラムを水に溶かし、0.0500M BaCl2 40ミリリットルで処理して、BaSO4を沈殿させた。
(a)その溶液の体積を100ミリリットルにしたとき、沈殿しないで溶液中に残っているNa2SO4のミリグラム数を計算せよ。
(b)室温でその沈殿を濾過し、水100ミリリットルで洗浄した。その時溶解平衡に達したとすれば、洗液には何ミリグラムのBaSO4が溶けているか。

文字化けしちゃってたみたいですみません。再度お願いします。


198 :ラフィーナ:2007/01/08(月) 20:57:00 ID:IfWG5VPFO
>>196-197
疑問は次の3つ
@Mとはmol/lのことだろうか
Azは-のことか

上二つはまぁよしとしよう

Bその問題溶解度の条件ついてない?

199 :大学への名無しさん:2007/01/08(月) 21:29:27 ID:45OqKVLnO
炭素原子が同一平面上にある、頻出の炭化水素化合物を教えてくれまいか。

200 :大学への名無しさん:2007/01/08(月) 21:51:30 ID:cAD9G4SyO
>>199ベンゼン・エチレン

201 :大学への名無しさん:2007/01/08(月) 21:51:31 ID:X9wA4ObI0
>>199
エチレンとか?
二重結合に直接結合してる炭素原子までは同一平面って覚えとけばおk

202 :大学への名無しさん:2007/01/08(月) 21:52:25 ID:yxgPPDiC0
CH3-C-CH3の名称を教えてください。お願いします

203 :大学への名無しさん:2007/01/08(月) 21:57:45 ID:45OqKVLnO
シクロヘキサンとか、入って来ると判らなくなるのだが...シクロヘキサンは違う?

他にはあったか...?
ブテンは?

204 :大学への名無しさん:2007/01/08(月) 21:58:08 ID:cAD9G4SyO
>>202そんな物質ありません

205 :大学への名無しさん:2007/01/08(月) 21:59:50 ID:3/a4KYy2O
202
真ん中のCの手の数がおかしいだろ。
CH3-CO-CH3の間違いか?ちなみにジメチルケトン

206 :大学への名無しさん:2007/01/08(月) 22:00:23 ID:vpIl8oFl0
>>203
2−ブテン

207 :大学への名無しさん:2007/01/08(月) 22:01:18 ID:45OqKVLnO
>>202
それだと、中央の炭素原子の価標が2つ残っとるがな。
酸素がくるんか? 水素か?
どちらがええんや? ええのんや?

208 :大学への名無しさん:2007/01/08(月) 22:05:28 ID:jWKN+V4XO
>>202
酸素が入ればアセトンだけど

209 :大学への名無しさん:2007/01/08(月) 22:16:05 ID:X9wA4ObI0
>>203
シクロヘキサンは全て単結合
いす型とふね型という立体構造になるようです
そんな深く考えないでいいと思いますよ

210 :大学への名無しさん:2007/01/08(月) 22:27:45 ID:yxgPPDiC0
間違えていました すみません 
2-プロパノールが脱離反応を起こしてできる化合物の示性式とその名称でした。
お願いします


211 :大学への名無しさん:2007/01/08(月) 22:42:20 ID:45OqKVLnO
>>210
プロペンとちがったっけ?
CH2=CH-CH3

212 :大学への名無しさん:2007/01/08(月) 23:03:40 ID:3+ruskR7O
温度

213 :大学への名無しさん:2007/01/08(月) 23:05:22 ID:GuTpRrDu0
なんで水よりベンゼンが軽いんだ。
分子量圧倒的にベンゼンのほうが多いぜ?

214 :大学への名無しさん:2007/01/08(月) 23:15:31 ID:cAD9G4SyO
>>213そんなこと言ったら油脂はもっとだな。
なんでだっけな

215 :大学への名無しさん:2007/01/08(月) 23:17:53 ID:yxgPPDiC0
>>211 ありがとうございます

216 :ラフィーナ:2007/01/08(月) 23:22:19 ID:IfWG5VPFO
>>213
水の方が圧倒的に分子小さい上に水素結合も働いて、ベンゼンと同体積で比較した場合、大量の分子が存在してるから
…と推察される

217 :大学への名無しさん:2007/01/08(月) 23:29:51 ID:VYLbCRx9O
油脂って一応化学Tだけどセンターの範囲ですか?

218 :大学への名無しさん:2007/01/08(月) 23:38:01 ID:TqD0sPfDO
>>217
出るよ。
主要な油脂の二重結合の数は覚えた方が便利。

219 :大学への名無しさん:2007/01/08(月) 23:38:07 ID:45OqKVLnO
範囲に入ってる。



220 :大学への名無しさん:2007/01/08(月) 23:41:42 ID:45OqKVLnO
あとは、鹸化反応の計算問題で、水酸化カリウムとmol比が1:3で反応する事を覚えれば良いと思うが。

221 :大学への名無しさん:2007/01/08(月) 23:46:23 ID:ZPruRfun0
高原と平地ではどちらがおいしい漬物をつけることが出来るでしょうか?

222 :大学への名無しさん:2007/01/08(月) 23:50:12 ID:45OqKVLnO
>>221
京漬物の西利にでも聞いてみな。漬物は範囲に入って無いぞw

223 :大学への名無しさん:2007/01/08(月) 23:54:22 ID:3+ruskR7O
浸透あつ

224 :大学への名無しさん:2007/01/08(月) 23:55:16 ID:3+ruskR7O
高地では美味しいご飯が炊けません

225 :大学への名無しさん:2007/01/09(火) 00:01:13 ID:XpvnZU1T0
C4H8O2で表される化合物で
(1)1-ブタノールの酸化で得られる
(2)けん化するとエタノールが生じる
(3)けん化すると還元性のあるカルボン酸を生じる
にあてはまる化合物の構造式をすべて書け。
という問題なんですが、 
よろしくお願いします

226 :大学への名無しさん:2007/01/09(火) 00:03:14 ID:Lp6yqfUZ0
ケミドロを用意しろ、話はそれからだ。

てか、構造式ってBBSじゃメンドイwww他の人にパスwwww

227 :大学への名無しさん:2007/01/09(火) 00:08:47 ID:rgJg5XEB0
1
軽く酸化じゃないからカルボン酸へ
CH3-CH2-CH2-COOH

2
CH3COOC2H5
酢酸エチル

3は自信あまりないけどギ酸が出来ると思うからこうかな?
HC00C3H7


228 :大学への名無しさん:2007/01/09(火) 00:15:48 ID:rgJg5XEB0
3番H-COO-C3H7
なんか数字の0使ってた(;´Д`)

229 :大学への名無しさん:2007/01/09(火) 00:20:20 ID:6a32QsRAO
酒石酸て光学異性体いくつあります?

230 :大学への名無しさん:2007/01/09(火) 01:21:37 ID:ItSvLoXGO
>>229
2つ。いや3つか?たしか2つ

231 :大学への名無しさん:2007/01/09(火) 07:55:57 ID:8qiQvuMi0
229
不斉炭素が2個あるが、メソ体が含まれるので光学異性体は3種。

49 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)